超能力はあるのだろうか?

f:id:manekinekoo:20170717121459j:plain

超能力の存在を信じていますか?
これもまたまたオカルトの分野ですが。
最近はあまり注目されなくなりました。
テレビの影響だと思いますが。
マジックとかトリックとか使ってしまって。
不思議な現象を起こしてしまうので。
超能力もトリックでないの?
そんな風潮がでている感じがします。

では超能力はやっぱりないのでしょうか?
最近では科学者が本気で研究している分野です。
実は超能力はある可能性が否定できなくなってるのです。
それは超能力の実験結果から否定できなくなった。
そんな感じです。

ではどんな実験をしているのでしょうか?
光子を使った実験などがわかりやすいです。
ある被験者に協力してもらいます。
光子が広がる分布を調べるという簡単なものです。
そのときに被験者に一定のイメージをしてもらいます。
するとそのイメージ通りの結果に分布がなるというものです。
分布なので確率的試験なのですが。
確率上絶対あり得ない分布になる。
それが超能力がある証拠ということです。
これは否定できない事実です。

また別の実験では乱数発生装置を使ったもの。
この装置から作られる乱数を観察する実験です。
乱数なのでまったくランダムの数を作りだします。
実験では被験者に協力してもらい。
ある時間に意識を集中してもらいます。
すると乱数データに影響を及ぼすというものです。
ここでも確率的な実験なのですが。
意識が乱数発生装置に何らかの影響を与えた?
そうとしか思えない結果が出てくるのです。

これらの事実をどのように考えるべきか?
人間の意識が他のものに影響を与える。
これは超能力の一つではないのか。
そんな結論になってしまうのです。
ここでポイントとなるのは。
超能力が非常に小さな力であるということ。
例えば、スプーン曲げのような大きな力ではない。
モノを動かすとか大きな力ではない。
非常に小さな影響を与えるだけの力である。
そう考えられるのです。
具体的に言うならば、素粒子レベルに影響を与える。
そんな小さな力なのです。
これが超能力と言えるのか言えないのか。
結論はまだ出ていません。