死後の世界がある!

f:id:manekinekoo:20170717121140j:plain

人間死んだらどうなるの?
こんな疑問をお持ちではないでしょうか。


もちろん僕も興味のある分野です。
死後の世界は非常に難しい分野だと考えています。
かの世界的に有名な物理学者ホーキング博士も死後の世界について発言しています。
彼の考えでは死後の世界はないそうです。
肉体がなくなれば魂もなくなるということでしょう。
でも本当にそうなのでしょうか?

ヒントとなるは魂とはそもそも何なのかということです。
私たちの体は原子からできています。
これは否定しようもない事実です。
そして原子は素粒子や電子からできています。
なので素粒子や電子の集まりが私たちの魂と考えていいでしょう。
突き詰めるところ素粒子や電子と魂との関係性を考えなければなりません。

実はいま考えられている生物の一つに摩訶不思議なものがあります。
その生物は宇宙空間に形もなく漂っているというものです。
まさに幽霊みたいな奴なんですが。
この幽霊生物に魂があるのかってことを考えると先が見えてきます。

この生物は肉体はなくて、素粒子や電子だけの霧のようなものです。
つまりは私たちが死んだあとのようなものです。
死んだら火葬場に行って肉体は焼かれてしまうでしょう。
煙になった肉体は素粒子と電子だけなので。
まさに幽霊生物と同じなのです。

この幽霊生物がいるのかはまだ解明されていません。
しかし、いるのではないかと研究している科学者もいます。
それが死後の世界とどのように関係あるのか?
非常に興味深いです。